『不妊治療』はじめました

昨今では、様々なメディアで「不妊治療」「不妊症」が語られるような時代になりましたが、皆さんの多くは、自身が大人になれば、子どもを授かる事を自然な事として考え、結婚すれば誰の元にも、赤ん坊が生まれてくるものだと考えてはいませんでしたか?何事も問題なく、赤ちゃんを授かった人々にとっては、「不妊治療」「不妊症」によって人々が、思い悩む気持ちが分からないかもしれません。「不妊治療」「不妊症」によって、ストレスを感じたり、思い悩む人々は、誰よりも命の尊さを感じ取っているからこそ、そのような思いを抱えているのだと思われます。命の大切さを知る事は、当たり前の暮らしが、当たり前ではないと感じた時にこそ感じ取る事のできる存在であるのかもしれません。「不妊治療」「不妊症」を乗り越えるには、まず、授かること、授からない事を知る必要があるようです。また、妊娠を学ぶ事は、同時に子育ての始りを表わしています。思うように妊娠が叶わない夫婦にとって、夫婦にとって大切な営みでのある性生活が時としてストレスに感じてしまう事もあるのです。「不妊治療」は、たった今に始ったような医療ではありません。皆さんの大先輩にあたるお爺さんやお婆さんも、「不妊治療」に取り組んできた先輩方であるかもしれません。ご苦労された先輩方によって、現代の生殖医療の技術はさらなる進歩を遂げています。「不妊治療」「不妊症」は、閉ざされたプライバシーの中で、語られる事が多い事柄ですが、皆さん自身が意志をもって、授かる事を願うのであれば、それぞれの専門機関の扉を叩いてみましょう。まずは、どのような事に問題があるのか、問題はないのか、そのような診断から始めてみましょう。