性交渉のタイミング

男性不妊の場合、まず精子の数、その形状などの検査が第一に行われるケースが多いのではないでしょうか。実際に、妊娠成立に必要な精子の数は1つあれば十分であるのですが、自然妊娠の場合、精子が女性の体内に入り、卵子に辿り着くまでには、膣内を動き周り、卵子に辿り着くまでのタフな運動量が求められてきます。そのような事を計算に入れていくと、精子の数が多ければ妊娠率が、必然と上がってくるのです。また、精子の形状に関しては、奇形のある精子の数が多いと、それだけ妊娠の確率も低くなると考えられています。実際に、性交渉をもっているにも関わらず妊娠に至らないカップルの中には、性交渉のタイミングを逃しているようなケースもあります。女性の月経が、定期的な周期をもって行われているような場合、妊娠に至るタイミングとは、月内の一週間ほどであるとされています。そのタイミングは、女性の排卵日の周期に合わせる必要があると考えられていますが、このタイミングにおいて、性交渉の機会を逃しているようなカップルは、性交渉のタイミングについて、予測を立てることも必要かもしれません。実際に、排卵日の予測をたてる事は簡単な事ではないようですが、性交渉の回数を増やす事でも、タイミングのズレを補う不妊対策につながるようです。