パートナーあっての不妊治療

「スポイト法」は、医療機関で、特殊なキットをもらいあらかじめ採集した液体を、女性に医療器具を使用して行う方法です。

「タイミング治療」を試みたところ、良い結果が得られなかったようなカップルが、不妊治療として、次のステップに進む場合の選択枠の1つになります。

ただどうしても「タイミング治療」を続けていると、時間がかかってしまうため、夫婦間に溝が生まれてしまう場合や、不妊治療がきっかけで、夫婦生活を行わなっくなってしまう場合も少なくはないようです。

心のともなわない、夫婦生活を苦痛と感じる人々も多くいます。

不妊治療が大きな、夫婦間の亀裂を生む前に、妊活にはどのような選択枠があるのかというようなご相談を医療機関に持ちかけておく事も重要かもしれません。

パートナーあっての、妊活ですから、お互いの気持ちがすれ違わないように話し合うことが大切なようです。