不妊治療と生活改善

喫煙の習慣のある人が、不妊治療を行っているような場合、一般的には、禁煙を勧められるようです。「喫煙」は、流産を招く恐れがあるという説もあります。

もちろん、副流煙に関しても、パートナーがヘビースモーカーで、自宅で喫煙を行うような場合、職場で大勢の喫煙者が、同室で喫煙するような場合も、大変難しいいことではありますが、生活環境の改善を推奨される場合もあるそうです。

そのような場合に、必要な事は、皆さんの生活の中での優先順位をきちんと定める事かもしれません。生活の基盤作りの中で、選択を行っていくことが、意志をもった不妊治療を行うための準備に繋がるのではないでしょうか。

喫煙以外にも、不摂生な生活を送っているような場合は、パートナー同士の生活改善が求められてくるそうです。

不妊治療において、身体的な若さを取り戻す努力を行いたいと考えるのであれば、まずは、生活環境の見直しから始めてみるのがいいかもしれません。